長男アレルギーの悪化

長男、アレルギー悪化で大沢野の【久保小児科】へ行って来ました、
何年も前に先生の本を読み、
「こんな先生に診てほしいな~」と思い続けて数年
本の裏の先生の紹介を見たら
えっ( ̄▽ ̄;)病院の場所大沢野……近いじゃん
なんで早くここ見なかったんだろ💦💦
で、すぐに大沢野へ(笑)(#^.^#)

 

それからは、アレルギーがひどく悪化すると通う2つ目の病院となり、似た診断をする2つの病院と処方薬に安心するのでした
一つだけ違うことをあげるとしたら
先生のタイプが真逆だわ~(笑)

 

【本日の診察】
皮膚の状態観察
お腹の状態を診る
扁桃腺と喉の確認

【本日の説明】
皮膚が随分弱っています
皮膚が強ければ、ある程度の環境ストレスに耐えられますが皮膚が弱っているので環境ストレスに耐えられない状態になってます、洗剤や、汗や、暑さや、着る物や、掻き壊しも肌にはストレスです


今の状態は
【皮膚の強さ】<【環境ストレス】の状態です
まず皮膚を強くするために、掻き壊さないように痒み止めの飲み薬を出します
本来皮膚は皮脂で覆われてますが今は皮脂が無い状態なので純度の高いワセリンを出します
皮脂の下は、セラミド等で皮膚がくっついているのですが離れている状態なのでカラミンローション出しますね
お腹の状態がとても悪いです、腸は吸収するところですが、良いもの悪いものを分けて吸収してはくれません、お腹の状態が悪ければ悪い物を身体に取り込みます、そして皮膚に出るので、お腹の環境を整える為に乳酸菌出しますね
ステロイドも出しておきますがこれは治す物ではなくしのぐ物です、どおしても痒くて我慢出来ないの時だけほんの少しです出来れば使わないで下さいね
と、5種類の薬を処方して頂きました(#^.^#)

 

ステロイドはどんな酷い状態で、お医者さんが
「お願いだから使って下さい」と言われても一度も使用したことがないので使う事は無い(笑)
息子が診てもらう2つの病院は本当に似た処方薬で何だか安心して診察してもらえる(#^.^#)