言葉を話すの 早い?遅い?

家の子言葉が遅い?

長男をとてもかわいがってくれたおじいちゃん、欲しい物はなんでもすぐにとってやり何でも言う事を聞いてくれた。

そんな長男は、欲し物は指を差せばおじいちゃんが取ってくれるので、あまり喋る必要が無く …言葉が遅かった

保育園に入っても喋りはたどたどしくて、お友達に「喋り方変」と言われ2週間ほど喋らなくなった事もあったりして

保育園から言葉教室を勧められ、行ってみた

「なんだ心配する事無いじゃん」

 でも楽しい言葉の教室 ちょっと通ってみようかな、そんな気持ちで通うようになった教室はとても勉強になる内容でした

言葉の教室へ行ってみる

長男君が保育園年中だった頃の話です。

言葉を話すのが少し遅かった息子を保育園で心配して下さり言葉の教室へ行く事を勧められました。

病院で先生とお話しさせて頂き、こんな事を言われました。

  言葉が遅い理由は3つあります

  ① 脳に障害があり言葉が遅い(出ない)

  ② 機能に障害があり言葉が遅い

  ③ 単に言葉が遅い

①②は、通院して訓練等が必要ですが③の場合は成長と共に言葉が出てくるから心配ないです。

③の状態でまだ喋りたく無い時期なので心配はいりません。

小学校に入って文字を覚えて、黒板に書かれた

【あ】の文字が 【あ】の発音だと一致するともっと上手に言葉が出ますよ。と言われました。

ただ言葉のせいで、いじめ等が心配なら通院されてもいいですよ、と言って頂き、息子に

子供に「先生の所行く?」と聞くと「行く」と元気な返事が返ってきたのでしばらくお世話になる事にします

言葉の教室の内容

月に2回通院する事になった言葉教室、子供は「保育園を早退できる~ママと遊びに行ける」と大喜び、そして言葉の教室もとても楽しい

内容もとてもユニークとても言葉教室に通ってるとは思えない感じです

 相撲

 縄跳び

 ボール遊び

 紙鉄砲が鳴らせるか

 紙飛行機を飛ばせるか

 お尻相撲するおもちゃ

 ビーズ通し

こんな内容で、ほとんど遊んでばかりの言葉教室です、先生からはこんな注意が

「家庭では絶対に〇〇って言ってみ」「喋ってみ」「その言い方違うよ」等否定する事を言わないようにと言う事でした

大人は早く話してほしくてつい言ってしまいそうな事ですが、子供にとって喋る事が苦痛になって話さなくなる事があると言われました

言葉は舌を動かす運動から発せられます、話さなくなると舌を動かさなくなり言葉はどんどん遅れていくんだそうです

言葉の教室でする言葉の訓練は、たまに絵の付いたカードを見て言い当てる事くらいで、とっても楽しい教室です(#^.^#)

身体全体を動かす

遊んでばかりの言葉教室のようですがしっかり意味があるのだと教わりました

【言葉】は舌を動かし発せられる事です、舌を動かすと言う事は繊細な動きが要求されると言う事でした

 

子供の動きの発達には順序があります

  身体全体を動かす→ 細かい動きができるように→ 舌が動く

 と言う具合に順序があるそうです、赤ちゃんに例えるとよく分かります

 ①身体全体を動かす(寝返りをうつ・ハイハイをする)

 ②物をつかむ(先ずは指5本で掴む→4本で掴む→3本で掴む→最終的に2本で掴めるようになる)

 ③話し始める(言葉らしきものが出始める)

こんな具合に、身体全体を動かし→細かい動き→舌の動きへと繋がっていくのです、しっかり発音ができる為には

身体全体が動くようになり→ 繊細な動きができるようになり→ 舌の動きに繋がっていく

しっかり発音ができるようになるには、しっかり身体を動かさないとダメだと言う事です

舌が滑らかに動かす事ができる為には身体が滑らかに動くようになってからと言う事です

だから言葉の教室で相撲、縄跳び、ボール遊びをするんです、子供は遊びが仕事とはよく言ったものですね(#^.^#)

 

しかし運動が苦手な長男(^_^;)

 縄跳びをすれば‥‥縄を回すタイミングと飛ぶタイミングが合わない

 紙飛行機をすれば‥‥1m先に叩きつけてる??(^_^;)

 紙鉄砲をしても‥‥‥鳴らない

舌が滑らかに動くのはまだまだ先かな(苦笑)

細かい動き

言葉の教室では、ダイナミックな動きができるようになると次は繊細な動きを訓練、教室では、紙鉄砲、紙飛行機、ビーズ通し

 

■紙鉄砲

手を振るだけでは良い音は鳴らない、ムチのようにしなやかに腕を振る事が出来るとよい音が鳴る

長男は良い音どころか‥‥音が鳴らない

保育園児には良い音を出す事は難しいらしいのだが‥‥

無駄の無い力、しなやかな力、力まない力、

先生が、「これができるようになる頃は上手に話せるようになりますよ」って

■紙飛行機

遠くへ飛ばそうと肩を思いっきり振る長男‥‥飛ばない(^_^;)

■ビーズ通し

これはできた

 

全ての動きに【力み】が入る長男は動きの無駄使いが多い、しなやかに動かせない、力まず動かす、無駄な力が入る、

 ジャンプするのに足首、膝を使って高く飛べる子と飛べない子

 ブランコをこぐタイミングが合う子と合わない子

うちの子はどうも後者だ、でも3歳から5歳くらいでは上手く出来ない子も成長とともにできるようになるらしい

言葉も同じだ個人個人成長具合が違うのだから焦らなくていい

 

 

 

 

平成30年

高校2年になる長男は野球部でキャッチャーをしている、肩も強くなりボールも見違える程上手く投げられる

身体がしなやかに動くようになりボールが投げれるようになり、子供の成長をのを見るのは親としてとても嬉しい


最近ゴールデンエイジと言う事をよく耳にする

一生に一度だけ訪れる【運動神経を良くする事ができる時期】の事を言うらしい

プレゴールデンエイジ(3~8才) 色んな身体を使った遊びをさせる事が良い

ゴールデンエイジ(9~11歳)  自分の思う通りに身体が動かせるようになる時期、プレ時期に色んな動きをしている子程動きを理解できる

ポストゴールデンエイジ(12~14歳)この頃になると神経系はほぼ完成形になるらしく、考えながら運動できるようになる

 

うちの子達は小さい時にどれだけ外を走り回って遊んでたかな~?

最近の子供達はゲームで遊ぶ事が多い気がする、運動能力も全国的に下がってきていると聞くし

小さいうちに外で走り回るような遊びをもっとさせないといけないな~、それが言葉にも繋がって行くと言う事なんだな